ABOUT

IT'S SO YOU, SO US. SHINE ON.

新たなカタチをともに創発する
design studio 「MOIL(モイル)」をはじめました。
ここにあるのは、想いを共にする仲間と31.13㎡の空間。 そして、イマジネーション。

CONNECTS the DOTS.

はじまりは出会い。
それぞれが持ち寄った原石を、
新しい輝きへと磨きあげたい。
共に信じたのが、最初の一歩です。

The IMAGINATIVE MIND

だれもが秘める“遊び心”の珠を磨き合う。
あなたの伝えたいemotion。それは、どんなカタチをしていますか。
どんな手段で伝えていくのかよりも、その気持ちに大切に向き合いたいと思っています。
それはまだ、言葉になる前の想いでしかないのかもしれません。
気づかぬ間に雲ってしまった鏡をゴシゴシ、ぴかぴかさせるように。
生地をこねて、もんで、ふわっとさせるように。

with CREATIVE ENGINEERING

かすかな輝きを手がかりに、emotionをmotionに。
技術がなければ、できないこと。
技術だけでは、心に届かないこと。
月にロケットが降りたったのは、
おそらく、「月に行こう!」とみんなで強く思ったからです。

IMAGINATIONにENGINEERINGを掛け合わせて
どんなものをクリエイションしてゆけるのか、それがMOILの研究ミッションです。

Artist/Creative Director MASARU OZAKI

MOILのTorch。
19歳で渡米。パフォーマーとして数々のショーやミュージカルなどに出演。その表舞台の傍らで、映像や照明などのテクニカルに触れる。多岐に渡る自身の活動から得た「イマジネーション(着想)」と「エンジニアリング(技術)」。モーショングラフィックスをデザインの原点としながら、CMやPVなどの広告メディアを中心に多くの映像制作を手がけ、独自の世界感をクリエイティブに織り込む。日本を代表するプロジェクション・マッピングアーティストであり、舞台やライブで音楽に合わせ映像をリアルタイムに操るパフォーミングアート(VJ)のパイオニア的存在でもある。ジョン・ローレンス・サリバン、ニールバレット、ディーゼルをはじめとする世界を代表するトップブランドのファッションショー映像や空間演出なども手がけ、2010年5月開催の上海万博「日本館」では、ORIGAMIWALLなど多くのプロジェクション・マッピング演出を創作、メインエントランスには立体彫刻やアート作品が常設されるなど、その活動はワールドワイドに拡がる。

Members
共鳴する仲間たち

MOIL

東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目3-8 第5スカイビル404

MOIL